第四回九州地区交流会議事録です。

1、情報共有

  九州、山陽新幹線を利用される方に朗報です。
          新幹線さくら号(新大阪ー鹿児島駅間)には障害者特別室が1部屋あります。
          まず、利用駅へ電話で特別室の空室状況確認後、次に、乗車券を購入してください。
          乗車券はネットでも購入できますが駅のみどりの窓口で乗車券の差替え手続きが必要となります。
          部屋は個室でベットもあります。さくら号の特別室の使用料は無料です。
          村田さんは、熊本ー博多間に利用されており、とても快適だそうです。
 

2、決定事項

 a.    第五回交流会を11月18日(土)、博多バスセンター会議室5で開催する。(仮)
    今回の交流会で次回熊本での開催を合意し、参加者全員でネット調査したのですが、10月以降熊本市内の会議室はどこも満室でした。(熊本大分震災後、古い会議室はほとんど防振、免震工事が行われていて会議室の絶対数が不足していました、ここにも震災の影響があるのですね)
    6月いっぱい熊本市内の会議室をいろいろあたってみて、予約が取れたら第五回は熊本開催(日程未定)、取れなかったら仮決定の博多開催とする。また取れない場合は2018年5月に第六回交流会を熊本で開催できるように会議室を選定する。(中園担当)
 b.    第四回交流会の参加者コメント投稿要望が広報からあったら村田さんが投稿する。
 

3、相談、会員からの希望事項
    (6月18日、関東地区交流会に本田が参加予定なので、その際理事の皆さんへ伝える)

 a.    車椅子からトイレへ移動する際の工夫やツールなど皆さんどうされているのかいい方法を聞きたい。(特に外出先で)
 b.    入浴時着座する際、どうしても最後はドスンと落ちてしまう。これについても知恵を拝借したい。
 c.    たとえばゲートソリューションのような新しい装具など、装具メーカーの方からいろいろな装具の紹介や新しい装具などについて聞ける機会を設けてほしい。
 d.    WheeLogのアプリをダウンロードしようとしたけど、Googleのアカウント設定が必要とか、なれていない者にとってはハードルが高く途中でめげてしまう。第五回の交流会などで実際に使いこなしている方と画面を見ながら実体験したい。これは是非理事の皆さんにご検討いただきたいです。
アプリに精通している方や実際にシステム構築に関係された方にはものすごく簡単で易しいこともこれから新規に始める者にとっては大変ハードルが高いのが現状です。何を聞けばいいのかもわからない方もいるようです。困ったときにサポートしていただけるシステムがあれば活用したいと思います。
 e.    デイサービス及びヘルパーさんの活用法、実態を聞きたい。
    (今回の参加者はどちらのサービスも未体験なので)頻度、時間、費用、活用術、注意事項、その他
 

第四回九州地区交流会概要

1、日時、2017年6月3日、午後1時から4時まで
2、場所、博多駅バスセンター第六会議室
3、参加者;患者3名、介護者2名、計5名
4、会議内容
 a.    昨年開催した第三回交流会の振り返り 
 -第4回は2017年11月18日博多駅バスセンター会議室で行うことを決定したが、事務局から年2回開催を提案され第四回は本日開催となった
 -装具機器メーカーからいろいろな装具について交流会で聞きたいとの要望がでたので検討することにした。今回北九州の装具メーカーへ交渉したが、残念ながら断られてしまった。
 -パソコンを使った仕事に興味がある方は新立さんに相談できますよ。と議事録に挙げたけど相談はなかった模様。
 b.    中園さんから挨拶と報告
 -東京での総会に参加、各地区の交流会からはメンバーの固定化が気になるとのこと、が、参加者が満足できるようにしたいとのコメントがあったそうです。
 -治験状況の説明
 -10周年記念投稿がなかなか集まらないとの状況説明
 -チャリT-シャツの在庫状況と注文依頼がありました。
 c.    自由討議
 -冒頭記載の役に立つ情報、決定事項、相談・検討依頼事項など活発な討議が出来ました
 d.    本日の会議の振り返り
 -今日の会議の振り返りを行い、情報共有しました

以上、少人数でしたが3時間、あっという間に過ぎました。次回も相談・検討事項なども含め活発でわくわくする交流会を実施したいと思います。