6月17日(土)13:30から山口県周南市のピピ510にて中国・四国地区の交流会を開催しました。
今回は急きょ参加できなくなった会員さんもおり、正会員3名、介助者・ご家族6名の合計9名の参加となりました。

 

約1年ぶりにお会いできた会員さんが、別の会員さんのお子さんを見て「大きくなったなあ。」と頬を緩めて嬉しそうにされていました。

そんな光景を見ていると、同じ地区の会員ということで偶然出会った私達だけど、もはや単なる会員同士というだけでなく、家族のような、親戚のような気持ちになっているように思えました。

さて、交流会ですが、まずは地区リーダー会議の話から始め、総会の講演の話、空胞型の治験が全て順調に行けばどんなスケジュールになるかなど報告しました。

それからちょうど梅雨時期ということもあり、お子さんの送迎に必須となる車椅子のカッパについて相談がありました。簡易電動のバッテリーまで保護できて使い勝手の良いもの、皆さんお薦めはありませんでしょうか?

また、後半はWheelog!を実際に使ってみようと、交流会が始まる前に撮ってきた情報や、会場の多機能トイレを実際に確認しにいった情報を、3人で使い方を説明し合いながら投稿しました。

私はアプリの操作にそれほど困ることはなかったのですが、「Wheelog!に限ったわけではないけれど、最初に会員登録しないといけないのが一番のネック。」「何をしたらいいのか説明がほしい。」という声も出ました。

 

きっと、多くの方がWheelog!を使ってたくさんの声が出てくることで、誰もが使いやすいアプリになっていくのだと思います。

だから、是非皆さんもWheelog!をダウンロードして使ってみてください。自分の地域に情報があると嬉しくなりますし、知らない場所でも増えていく情報を眺めているのも楽しいものです。

最後は、次回の交流会の相談をして終わりました。

最近の中国・四国地区は交流会の参加人数が少ないのですが、少ないからこそ集まったメンバーで外に出て、Wheelog!に投稿しながら散策なんていうこともやりやすいかもしれない、という話しになりました。
もちろんみんなでおしゃべりの時間も忘れずに、楽しい交流会が開催できるよう、夢で終わらないように企画を頑張りたいと思います。

報告:中国・四国地区リーダー 塩見 奈々