「第二回みんなでつくるバリアフリーマップ 〜全国一斉まち歩きイベント〜」が2017年10月14日(土)に全国複数個所で同時開催されました。

関東ブロック:神奈川県鎌倉市 (鎌倉婦人子供会館)吉藤オリィ
中部ブロック:岐阜県岐阜市(個人宅)
中国ブロック:島根県松江市(島根大学)
九州ブロック:長崎県佐世保市(アルカス佐世保) 織田友理子
 

PADMからは、鎌倉会場に会員・介助者3名が参加し、佐世保はPADM交流会と合わせての開催となりました。(交流会の報告はこちら
 
 

初めに操作説明等を行った後に、班に分かれて街歩きをしてバリアフリー調査を行い、最後に皆で振り返りをしました。

雨が心配されていたのですが、どの会場も、ほとんど雨が降らず街歩きをすることができました。鎌倉は道が細めではありますが、趣のある景観、寺社や海、美味しい食べ物など、皆さん古都を満喫されたようでした。

振り返りでは、例えば踏切での体験が語られました。時間もない中、段差に前輪がとられてしまったり、進むか進まないかなどの意志の共有がうまくいかなかったそうです。乗り手と介助者との呼吸は、確かにいろんな場面で重要ですが難しい時があります。その他、人はとても親切だったとの声がありました。

アプリについては、やはり写真がすぐにアップロードされないこと、再検索しないと更新されないのはリアルタイム感に欠ける、走行ログは難路でも通れるところと本当にバリアフリーなところを区別できるようにして欲しいなどがありました。

主な流れは7月の浅草と同じで、同じように笑いが絶えない進行でしたが、今回は初めの操作説明とみんなでの振り返りは、ネット中継で会場を結んだこと、投稿スポットの数や走行距離、全員が車椅子体験をしたかどうかなどで競うゲーム式の採用(振り返りにも活用)などが新しかった点で、より中身が濃く盛り上がったのではないかと思います!

今後は気候の厳しい夏や冬はこじんまりと1か所で、春や秋にまた全国一斉でのイベントを開催できればと考えております。

次回は、2018年1月14日(日)東京・吉祥寺にて開催予定です。
真冬ですので無理のない範囲で、ご予定いただけると幸いです!