遠位型ミオパチーの説明に加え、織田友理子代表がこれまで取り組んできた様々な活動についての記事が掲載されました。活動を始めたきっかけや、活動を通して感じてきたこと、今後目指すものなど詳細に語られています。

ハードのバリアフリー だけでなく、ハートもバリアフリー にという当事者だからこそ湧き出る想いに共感できます。

“ハード”と“ハート”のバリアフリーで、超福祉社会の実現をめざす——

WheeLog!開発者・織田友理子さん  

 

Follow me!