23年12月17日(日)に、PADMオンライン交流会が開催されました。

本会員の方やノーベルファーマ(株)様からご参加くださり、最大で31名の方とオンライン上で交流いたしました。

最初に代表の織田より、中国上海での学会報告が行われました。
学会の講演内容に限らず、上海へ行くための準備や現地でのバリアフリー状況について詳しくお話していただきました。
海外へのご予定のある方はぜひご参考にされてみてください♪

その後は、事務局メンバーに加え、今回ご協力くださった本会員の林様、太田様のご自宅の工夫のご紹介させていただきました。
リフォームや福祉機器の設置などで暮らしやすい環境を整えていらっしゃることが伺えました。

全体の場で紹介されていた福祉機器などについて、一部こちらに記載させていただきます。

【紹介された福祉機器(一部)】


・マットレス「オスカー」
公式サイト:https://www.molten.co.jp/health/products/mattress/oscar/


・移乗機「かーるくん」
公式サイト:https://ka-rukun.com/


・リフト「ミクニ マイティ・エースⅡ」
公式サイト:https://www.mikuni-la.co.jp/care-use


・リフト「モリト つるべー」
公式サイト:https://www.moritoh.co.jp/menu-tsurube/


・浴室スライドチェア「TOTO サザナ・スライドチェアー」
TOTOカタログ:https://search.toto.jp/contents/help/manual/bath/pdf/EKL778N7.pdf
※会報誌よつば日和第11号にて、岡田様から詳しく紹介していただいております。

・家庭用自動開閉システム「リムロック」
※こちらは国内メーカー様
公式サイト:https://www.remlock.jp/


・開き扉の自動化「スイングオペレーター」
※こちらは海外メーカー様
公式サイト:https://autodoor.jp/

 

最後は、グループに分かれて交流会を行いました。
どのグループでも、全体の場で紹介された自宅に関する感想や疑問などについて、楽しくお喋りされていたようです。

こちらの交流会において、一部の方からご質問いただいていた太田様へのご質問へご回答いただきましたので、下記に記載させていただきます。太田様、ご協力いただきまして誠にありがとうございました。

【太田様からのご回答】
Q1. リフォームした部屋の広さは?
A1. 約110平米 車椅子で過ごす想定で廊下などを広く取りたかったので、フルリノベーションできる物件を探しました。


Q2. 浴室の滑りにくい材質は?
Q2. LIXIL サーモタイル というものになります。 前の家の浴室をリフォームしたときから使用していたので慣れていたこともありますが、速乾性、濡れても滑りにくいのが気に入っています。

ふだんは家の中でも装具+靴をはいて移動しているので、寝るとき以外唯一はだしになる場所なので、とにかく安心感で選びました。
浴室~脱衣所(洗面室)まで同じ床にしたので、洗面室でも床が濡れても気にならないのもよいです。

デメリットは、固いので万が一転倒などした場合は痛そうと思います。(そうならないように気を付けているのでいまのところそういう場面はないです)
▼LIXIL サーモタイル ソフライムⅡ(浴室床タイプ)公式サイト
https://www.biz-lixil.com/product/tile/1221/


Q3. 使用した補助金制度は?
A3. 区役所の障害福祉課に相談し、住宅設備改善費を申し込みました。 「リフォーム前に事前に申し込み→役所の方の視察→かかった金額を申請→リフォーム後の写真提出 」という流れになります。

すでにヘルパーさんなどで区役所の障害福祉課との関係はあったのでスムーズに対応してもらえましたが、初めまして、だとやりとりに時間がかかるかもです。

今回設計は友人だったので快く引き受けてくれましたが、申請書の作成などけっこう大変そうでした。事前にこういう制度を使いたい、というのを業者の方にお伝えしておいたほうが良いと思います。 小規模改修、中規模改修の両方申請、で補助してもらいました。
私の住んでいる区では浴室改修は、視覚障害の方のみで使えませんでした。(足の不自由な人こそ浴室改修が必須だと思うのですが残念ながら、、、)

また、玄関ドアのオート化にあたっては 日常生活用具の給付を使用し(車椅子とかスロープなどの購入など単体で使用できる)補助してもらっています

※具体的な補助金額についてご興味のある本会員様は事務局までご一報くださいませ。
▼事務局お問い合わせ先
info(アットマーク)npopadm.com

Q4. 補足情報
A4. あと、ブレイクアウトルームで旅先でのおすすめホテル旅館などを今後の話題で取り上げて頂きたいと話したので、そのときにもご紹介できればと思いますが、今回の浴室改修のヒントとなった旅館があります。


山形県米沢市にある登府屋旅館というところで、貸切風呂の脱衣所ベンチから横滑りに浴室まで行けるのにとても感激し、自宅の浴室もこういう感じだったら怖くないかも、と思って設計の方に提案しました。
▼登府屋旅館公式サイト
https://tofuya.jp/spa/

Q5. キッチンや浴室洗面などはツールボックスというところで作りました。
A5. サイズが細かく指示できるので便利でした。見ているだけで楽しいのでお勧めのサイトです。
▼toolbox公式サイト
https://www.r-toolbox.jp/stories/productstory/1637/

 

また次回交流会を開催する際には、皆様からいただきましたご意見をもとに、より実りのある企画を開催できるようにいたします。

末筆になりますがノーベルファーマ(株)の皆様、ご参加いただき誠にありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

Follow me!